はじめてのブライス時々くまポメ!

くまポメ!Cafe★飼い主の秘密の女子部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女王様は永遠に生きる








昨日オトモダチのわんちゃんが亡くなって、
めっちゃ悲しいわたくしなんですけども、
そういうの犬猫の世界では虹の橋へ旅立つっていうんですけど、
キレイな虹の橋のたもとには陽光降り注ぐ豊かな緑の草原が広がっていて、
そこでドウブツたちはいつか飼い主さんが自分を迎えに来て
いっしょに天国へ行く日まで楽しく暮らして待っているんですって。




そりゃあ、ステキなところには違いないんだろうけど、
なんならワタシも一緒に行きたいよ・・・

zuttoissyoniitainndamonn.jpg
だってずっと一緒にいたいもん(T ▽ T)









生きとし生けるものには寿命があって、
犬や猫やドウブツ達のほとんどがニンゲンよりも先に行っちゃうのは、
飼われていたドウブツが飼い主さんの死によって不幸になるよか
断然良くて、最後まで大事に大事にして看取ることが
飼い主のニンゲンの本望だとはわかっちゃいるんですけど、



女王様はもしかしたら魂みたいなものまでお持ちかもしれないと
時たま思うことがあるんですけど・・・

kyoumobosabosa.jpg
ああ、今日も髪がボッサボサ子(T ▽ T)梳かしているのに・・・










ボッサボサ子で召し使いの腕が悪くても(ワタシだ)
誰かきちんとお手入れしてくれる者さえいれば、

女王様の美しさは永遠に生きるんですよね・・・

konosozaideha.jpg
いや、それとも昨今のこの素材では劣化が激しいのか?(;´∀`)










今、わたしたちの生きているこの地球では、絶えず
どこかで戦争が起こり飢餓や貧困に喘ぐヒトたちがいて、
先進国と呼ばれる日本でもカンタンにデング熱みたいに病が蔓延り
あんなに開発で壊してしまったはずの自然が起す
地震や豪雨、火山の噴火みたいな災害にはなす術もありません・・・





もちろんこんな時代に生まれたからにゃ必死で生き抜いていきますけどね

joousamanookunideha.jpg
女王様の緑豊かなお国ではそんなことはないんでしょうねえ









でも、もしかしたら、エボラの流行とかその昔の映画が実際に
起きつつあるようにニンゲンがそのしょぼい叡智に奢って、
このままどうしようもならないで淘汰されて行ったらば、


いつか女王様のボッサボサにムキーとなりながら
髪をといてくれているのは・・・

猿、になっているかも(。-∀-)
コドモんとき見た古いほうの猿の惑星怖かったわ










申し訳ありませんが恥ずかしいので皆様のブログに伺っても
コメントも何も残さず帰ることが多いのですが、がんばってくださいねの
意味も込めて応援のポチは必ずさせていただいていますのでご容赦ください(;´∀`)



↓ちょっと応援してもいいかなと思ったらぜひこちらをクリック♪
にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ



どちらも楽しいブログがいっぱいですよ(*´▽`*)

関連記事

Comment

akemin* says... ""
うむうむ・・・私もそう思いますよ。
うちにはサクヤという女の子がいたんですけど、あ・・ポメですけど、
今年の3月に旅立ったんです。
先天性の心臓病だったんで覚悟はしてたんです。
虹の橋の話は知ってはいましたが、
なんとなく今もカムイと一緒にいるような気がするんです。
なんとなくです。今は気配を感じないんではっきりはしないんです・・。
生まれ変わりは、うちに来てくれるならいいけど、
よそに行くなら して欲しくないという・・ずっと こんなこと思ってます。
たしかに最後を看取れてよかったんだけど、
生きていてほしいのが一番でそれ以上はないですね。
私 今でもサクにご飯あげてるんです。毎日。
ブログをはじめる決め手もサクですし・・・
いつまで続くんでしょうね、こんな思い。
長々とすみません。

で、昔の猿の惑星・・・最後の救いのない終わり方が
ショックでしたね~。

あ!女王様・・ボサボサでも美しいですよ!
2014.10.03 00:45 | URL | #- [edit]
shimicci says... ""
>akemin*さん

生きものと暮らしていく以上、残されたほうが
ず〜っとこの気持ちに寄り添っていくんだろうなあとは思うんです。
何度も書いてますが、仮に自分が先に死んじゃって
ドウブツ達の行き先がなくなるような目にあわせるより
自分がつらいほうがなんぼか幸せだと思うようにしてるんですけどね。

でも、そのかわりといっちゃあ何ですが、
年々死ぬのが怖くなくなっていくんですよ。
そりゃあ、直面してないからだろってことなんだけども、
コドモの頃のように怯えることはなくなったっていいますか、
いつかは今の子たちも先に行っちゃうけど、

だって、向こうではみんな待っててくれるんだもんね!
2014.10.03 02:44 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。